指導者

リフレッシュ研修

指導者の資質向上を図るため、2015年度以降の更新時より、JBA公認D級コーチ以上の資格については、更新のための必須内容として、リフレッシュ研修(コーチライセンス取得者向けの研修会)の受講を義務付けています。
リフレッシュ研修はJBAまたは都道府県協会が開催し、ポイント制になっています。ポイントの有効期限は4年間とし、更新の際に必要なポイントは2ポイントとします。但し、コーチライセンス取得後3回目の更新まではポイントの獲得を免除します。
有効期間内にリフレッシュ研修を受けなかった場合は資格失効となります。

 

リフレッシュ研修のポイントについて

ポイントの有効期限は4年間とし、更新の際に必要なポイントは「2ポイント」とします。
但し、コーチライセンス取得後3回目の更新まではポイントの獲得を免除します。

【更新の制度】

リフレッシュポイント取得制度

【具体例】
リフレッシュポイント取得制度具体例

リフレッシュ研修のポイントは以下のとおりとします。

  • (1) 1.5時間の講習会:1ポイント
  • (2) 3時間の講習会:2ポイント
  • (3) JBA又は都道府県協会が指定する試合観戦及びレポート提出:1ポイント

次の要件を満たすコーチは、ポイントが加算されます。

  • (1) 各カテゴリー日本代表チームのコーチングスタッフ:1ポイント/年
  • (2) 育成センターコーチングスタッフ:1ポイント/年
  • (3) コーチ養成講習会及びリフレッシュ研修の講師:1ポイント/1回

受講の管理はTeamJBAを利用します。

JBAおよび都道府県バスケットボール協会は、最低年2回以上のリフレッシュ研修の機会を設けます。

資格有効期間内にリフレッシュ研修を受講しなかった場合は、資格失効となります。

 

(JBA公式HP(http://www.japanbasketball.jp/coach/refresh/)から引用)

 

 

リフレッシュ研修レポート用紙2020年度版※準備中

尚、レポート内容によってはポイントの付与を行わないことがあります。

研修にて学んだ・考えたことをまとめることで今後の指導に活かしてください。